ごあいさつ


JRPSちば会長 渡辺友資枝

 JRPSちばのホームページにようこそ。
 私たちは「網膜色素変性症の治療法の確立と患者の生活の質の向上を目指す」日本網膜色素変性症協会(JRPS)の委託を受け、千葉県内で活動をする団体です。
 200名以上が所属し、患者交流会、医療講演会、視聴覚障碍者のための福祉機器展(アイフェスタ)、患者の生活の質を高めるための各種講習会、音楽会等を開催しています。
 また、会報誌やメーリングリストを通じ、医療情報や生活に役立つ情報の提供も行っています。
 網膜色素変性症はまだ治療法が確立していない難病ですが、現在、目覚ましい勢いでその研究が進んでいます。
 治療法が確立され、この世から網膜色素変性症という病気がなくなるその日まで、私たちと一緒に活動してみませんか?
 あなたは一人ではありません。同じ病気を持ち、不安や悩みをかかえながらも、励ましあい、希望をもち、自分らしく生活している仲間がいます。
 まずは、興味のある行事に参加してみませんか?ご連絡、お問い合わせ、お待ちしています。
 最後になりましたが、私たちの活動は多くのボランティア、支援者のみなさんに支えられてきました。
 ここまで、会が成長できましたのもみなさまのおかげです。暑く御礼申し上げます。
 今後とも私たちの活動にご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2015年08月吉日


JRPSちばトップへ

All Rights Reserved Copyright (C) JRPS-Chiba-2003-2015