トップページへ戻る 

■2019年3月定例交流会 in 北九州
(網膜色素変性症・医療講演会)

 網膜色素変性症に対する治療研究は世界中の研究者によって、懸命に取り組まれています。近年、その研究の進歩は目覚ましく、治療法の確立に向かって多くの臨床試験・治験が国内外で計画・実施されるようになってまいりました。
 日本でも薬物治療、再生医療、遺伝子治療、人工網膜などなど、いろいろな方面から研究が進められています。このように私たちが待ち望んでいた治療法の確立の日が実感できるようになってまいりました。


 九州大学病院では遺伝子治療の臨床研究が6年前よりスタートし、現在、その効果・有効性を確認する治験が計画されています。近い将来、我々が切望していた治療法になるものと期待されています。
 
 今回の医療講演会ではこの遺伝子治療研究に当初より携わってこられた九州大学大学院医学研究院准教授の池田康博先生を講師に迎えて講演して頂きます。
 遺伝子治療だけでなく、いろいろな最新の治療研究についても分かりやすく説明して頂きます。
 
 つきましては、患者・家族の皆様をはじめ、福祉関係者や一般の皆様にも多数ご参加いただきたくご案内申し上げます。

日時:2019年3月10日(日曜) 13:00〜15:00

受付:12時20分より(会場入り口付近にて)

会場:ウェルとばた(JR戸畑駅東隣)6階6A・6B研修室

住所:北九州市戸畑区汐井町1−6 

でんわ:093−883−5550 

講師:九州大学大学院医学研究院准教授 池田康博先生

演題:網膜色素変性に対する最新の治療法開発について

参加費:無料
お問合せ先:三小田静男(福岡県網膜色素変性症協会) JRPS福岡
 
携帯 090−9562−2768


■2019年5月定例交流会 in 北九州

皆さんどんな福祉道具や福祉機器をおつかいでしょうか?または、どんな福祉道具や機器を使いたいと思っていますか?色々、購入したけれど使いこなせていない、などありませんか?そんなことを今回は、おしゃべりしたいとおもっています。
会員以外のどなたでも参加できますので、今から福祉道具や機器などを購入しようと思っているかたは、参考にしてください。

日時2019年5月12日(日)13時から16時

場所 西部障害者福祉会館501号室(JR黒崎えき西隣コムシティー5階)

内容」 福祉道具や福祉機器にかんするおしゃべり会

問合せ先  村上 聡美 080−3972−8374

 トップページへ戻る