JRPS山陰支部設立20周年にあたって

会長 安部利一(あべ りいち)

昨年JRPS設立20周年記念式典が挙行されましたが、つまり21年前の1994年5月にJRPSが発足して、その1年後に全国に先駆けて山陰支部が設立しました。そのいきさつについて若干申し上げたいと思います。
初代支部長であった荒木英之さんが、目が不自由でありながら執筆活動をしておられ、本部の患者理事であることが、5月26日の山陰中央新報「明窓(めいそう)」欄に掲載されました。私はそれを見つけ、島根県の西と東に二人のRP患者がいることがはっきりしたと、小躍りする思いで荒木さんに電話したことを思い出します。

7月8日に地方での集いが最初に神戸市で催され、その報告を兼ね、荒木さん宅を初めて訪問しました。荒木さんはある会社の社長であり、電話をすると今日もお手伝いをしていただいている当時秘書の石倉ひとみさんと先ずお話をしていたわけです。
その後、荒木さんの前向きな発案から、元ライトハウス園長の吉田トキ江さん元ライトハウスライブラリー館長の金津和栄さんのご協力の下で、県下に呼びかけて初めての集いをする運びとなりました。翌年の2月5日ライトハウスライブラリーの会場でした。
その年は1月に阪神淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件などの大変な年でした。

その後、前述の三人の方をはじめ、ライトハウスライブラリーの職員の方々のお世話になりながら研修会や交流会を重ねました。しかし、集いに来れない患者仲間たちのためにも、ミニ通信でもいいから機関誌を発行したがいい「手伝うから」と、金津さんや石倉さんらからの励ましによって、2000年に手作り機関誌「ビッグスワン」を創刊しました。この名称は、ハクチョウが飛来する山陰を象徴した荒木さんの命名です。

以来、支部も少しずつ成長し力をつけ、保健所の難病地域支援や難病相談支援センターの活動業務などにも載せていただき、さらには最近眼科医会さんにもご支援をいただいてのロービジョンケア研修を重ねて来ています。

こうして多くの方々やあちこちの関係機関、そして本日も多くのボランティアの方々に支えられながら、山陰支部は成人しました。
改めてお世話になった方々や関係機関に感謝申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます。

成人したとはいえ、これからも何かにつけお世話にならなければならないどもです。どうか変わりませずご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
最後にお願いになりましたが、20周年にあたってのご挨拶とさせていただきます。

このページの先頭へ