♪あいeyeサロン♪

一人で悩んでいませんか?

一歩外にでかけてみませんか?

一緒になんでもお話をしましょう!

あなたの不安や悩み・自分の見え方などをだれかに話したらきっと気持ちが楽になります。

見えなくなってできなかったことも、便利な道具を使ったり工夫次第で出来るようになります。

目が見えない、見えにくくなると いろいろな困難や不安・戸惑いに直面します。

でも、少しの工夫や介助があったり、便利な道具を利用したりすると改善されることもたくさんあります。

実際に同じ気持ちの人に話をしたり、自分を楽にする用具や機器に触れていただいたりすることで、あなたのステキな明るい笑顔を再び取り戻していただけるよう願っています。

あいeyeサロンとは?

主に最近目が不自由になった方を中心とした、自主サークルです。

これまでの活動例

城山公園まで散歩/ボウリング/たこやき作り/目の不自由さを助ける便利な道具体験/みんなで外食/その他色々

お世話役:

奥 美和子(しまね難病相談支援センター 相談員)

活動日・場所:

毎月第3木曜日 11時半~14時ぐらい、ライトハウスライブラリー(松江市南田町)を中心に、外出などもします。

活動費:

毎回100円程度+活動実費(例:食事代・料理の材料費・ゲーム代、等)

連絡先:

090-6839-2120(奥)

どうぞお気軽にご連絡くださいね!

松江地区 松江おちらとまち歩き観光

5月に松江地区で開催された難病サロンと同じ日の午前に、松江おちらとまちあるき観光を体験しました。

私たちは一人での歩行が困難な方や、単独歩行に自信がない方が多いです。皆さんと一緒ならどこへでも行けるような楽しい気持ちになります。

また、観光ガイドさんによるその地域の説明をしてもらったりお店に入って買い物をすることも楽しみの一つです。

参加をした方からの感想と、松江おちらとまちあるき担当の児玉さんからいただいたコメントをここに載せます。

松江おちらと町歩きに参加して-K 女性

最初は、あいあいサロンの皆さんと数名のボランティアさんと参加しました。

私は日頃の運動不足の解消にいいかも・・という軽い気持ちで参加したのですが、町並みおちらと歩き、今と昔の様子を私たちにもよくわかるよう細かく説明していただいたり、手で触れる場所はどうぞ触れてみて下さいとか、時には笑いを交えて話して下さる観光ガイドさん。

また、古くからあるお店も数件見学させていただいたのですが、昔から変わらずある物や守り続けて行く苦労もあると話して下さるお店のかたのお話を聞き、目でよく見ることが出来ないので頭で想像し、手に触れて匂ってみたり、風を感じたり、まるで昔にタイムスリップしたような感じにもなりました。

また、今まで何も感じることもなく通りすぎてた町並みが、とても新鮮に見えました。

参加して大満足で楽しかった。運動不足の解消はもちろんできましたが、それ以上に得る物が多かった1日でした。

そして二回目は、ちがうグループで参加しましたが、この時も、もちろん大満足です。 三回目がある事を、とても楽しみにしています。

余談ですが、見学したお店で試飲したり、試食したり、買い物したり、こちらの方も大満足でした。

視覚障害の皆様に元気を頂いて-松江おちらとあるき観光案内所 児玉 光明

児玉さん、X月XX日街歩きに参加します! といつもの明るい声に、あぁ、ありがとうございます、といつものように答えます。

思い起こせば肌寒いころ「まち歩きをしたい」と電話連絡を戴きました。普通に電話を受付け、要件をファックスで送っていただくよう請求したと思います。

「視覚障害者なのでできればこの電話で!」との返事に「それは失礼しました。電話で結構です、もう少し詳細を伺います。」と答えたのが最初のように思います。

日程が近づくにつれて「どのように対応すれば良いのか」「施設に段差のあるところはないか」「道々の段差はどうなのか」様々な不安が発生します。また「どのように対応したらいいの」とガイドさんや関係施設から逆質問もありました。

「大丈夫です。元気に歩ける人たちばかりですから。またサポータースタッフもいますから」と皆様から逆に私に安心感を与えて頂きつつも不案な当日を迎えました。

二人のサポーターさんに安心感を持ちながら、共にガイドさんの案内で北堀石橋のコースを歩きました。ここは江戸時代からの町であり、狭い道路と交通量が比較的多い所であり、通常でも気を使う場所、コースです。

しかし皆様方は慣れたもの、終わってみれば通常の町歩きの場合と全く変わりませんでした。お醤油やさんの階段も、蔵の中も難なく見学が終わりました。そして酒屋さんの訪問見学です。特に男性軍は「一番楽しみにしていた」とおっしゃりながら、五種類の試飲の後「私は二番目のXXという酒を下さい」「私は四番目のXXという酒を下さい」と皆さん出された順番と商品名をきちんとおっしゃることに大変びっくりしました。私などとても五品種名など繰り返して口に出せません。

私自身大変勉強させていただいた一日でした。

このように皆様方が積極的に街に出かけられることは、市中で普通に生活を営んでいる健常者に「頑張らなくては!」と大きな刺激になるのではないかと強く感じています。

松江の魅力が皆様の全国の仲間にも伝わり、より生活のしやすい、やさしい松江の魅力が更に増えればよいなと感じています。

皆様、パワーを与えてくれてありがとう!

このページの先頭へ