眼科疾患患者家族学習会出雲保健所で開催

奥 美和子

昨年11月15日に、出雲保健所で眼科疾患患者家族学習会が開催されました。当日の参加者は、患者家族が10名、保健所から2名、社会福祉協議会から2名、研修医が2名、ボランティアさんが2名の合計18名と盲導犬が2頭でした。

今回はライブラリーの用具担当の藤村京子さんに講師としてきていただき、ライブラリーの事業の紹介や用具などの説明などを詳しくしていただきました。

今回はライブラリーの用具担当の藤村京子さんに講師としてきていただき、ライブラリーの事業の紹介や用具などの説明などを詳しくしていただきました。

初めての方が6名もおられて、自己紹介や近況報告や情報交換などをして楽しい時間を過ごしました。

ライブラリーの藤村さんは、講師としてちょっと緊張しておられる様子でしたが、基本的な白杖のことから防災グッズのバッグの中身について、また便利な用具なども含めて、私たちにとってはとても貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。藤村さんありがとうございました。皆さんからの質問や意見などもたくさんあり、とても有意義な時間を過ごしました。終わりに皆さんから参加をしてよかったという感想や、藤村さんに会いにきましたという方も何人もおられましたよ ニコニコ。

この眼科疾患患者家族学習会は、毎年出雲保健所で開催していただいています。みなさんの中でこんなことをしてほしいなどのリクエストがあれば、ぜひお聞かせください。よろしくお願いします。

眼科疾患患者家族交流会2012年開催-出雲保健所

11月29日(木曜日)の午後に、出雲保健所で眼科疾患患者家族学習会が開催されました。

参加者は患者家族が11名と保健師2名、ボランティア2名、社会福祉協議会2名で全員で17名でした。

当日は島根医大の近くでクリニックを開業されている、升田眼科クリニックの先生のお話でした。

最初に目の構造のお話から最近の治療法のお話まで聞かせてもらいました。

講演のあとでは私たちと交流する時間もいただき、たくさんの質問などに答えていただきました。

学習会に参加して H女性

初めて参加させて頂きました。ドクターの講演では、病気への医療法や、さまざまな研究の現在の状況について、わかり易く、丁寧な説明を受けました。

特に興味を引かれたのは、人工網膜です。パネルの枚数では、外国は日本の5倍以上まで進んでいるとか。

今やフルハイビジョンにより更に画像の鮮明なテレビが世に出る時代です。

医療の分野においても、日々続いている臨床や研究が治療法として確立するようになるまで、まだまだ時間はかかるかも知れませんが、一所懸命取り組んで下さる人たちがいる事は心強い限りです。

講演の後の質疑応答では、皆さんの熱気に圧倒されて挙手出来なかったのが心残りです。

「あの人は見え方が変」と周りの人に思われたくなくて、長い間、見えてる振りをして来ました。

近年、その苦しさから解放されるきっかけとなった方との出会いもあり、申し込むまで少し迷いましたが、来て良かったです。保健所の担当者様、ボランティアの方々、お世話になりました。

浜田保健所

平成24年度網膜色素変性症等患者交流会が、12月11日(火)の午後に浜田保健所で開催されました。

参加者は10人で患者5人、家族1人、ボランティア1人、保健所保健師2人、江津市保健師1人でした。

内容は3B体操で、楽しく体を動かし、心も体もリフレッシュ!~家庭でもできる体操を一緒にしてみましょう~として、講師は公益社団法人日本3B体操協会島根県支部長 三浦 眞実子氏の指導のもとで楽しく体操ができました。

後半には交流会があり、体操の感想や白杖についてや買い物の工夫などの意見交換をしました。安部支部長からは最近の会の情報等についても情報提供をしていただきました。

主なお話は沖縄県の大会参加の様子:IPS細胞に関する講演について、ロービジョンクリニックについて:病院で弱視の生活指導をする事が制度化されたというお話も聞きました。

保健所での交流会 T 女性

みなさん こんにちは。浜田のやまさきたつこです。

12月11日に浜田保健所で学習会&交流会が開催されました。

近くなので、参加しようと思いながら気づいた時は申込期日が過ぎていました。

ありゃりゃ、と思っていたら保健所の方からお誘いのお電話を頂き、参加出来ることになりました。

久しぶりに安部支部長に会うことが出来ました。本当に久しぶりだったんですが、以前お会いしたときとお変わり無いので驚きました!

講師の先生もそうおっしゃっておられ、思わず頷いてしまいましたよ。

それからKさん、Tさん、Sさんご夫妻が参加されており、こぢんまりとした会ではありましたが、みなさんとお話が出来て良かったです。

この日、3B体操をしました。3B体操とは、ボール ベル ベルターの用具を運動の助けとして使用しながら、すべての動きを音楽に合わせて集団で行う健康体操です、とあります。

見えにくくても、サポートして頂けるので安心して取り組めました。

ただ、久しぶりに身体を動かしたので、二日目から身体がギクシャクしてしまい、歳を感じました。参加されていたみなさま、大丈夫だったでしょうか?

8年前に、友達の薦めで3B体操をしていた事がありました。

当時と違い、今は視力も視野もグッと低下しています。運動量の少なさを実感しました。

もともと身体を動かす事が好きなのですが、知らず知らずのうちに気力も萎えてきていました。このままじゃいけないなぁ、何か見つけて取り組まなくちゃ!

交流会という場は、知っている方であっても、初めて会う方であっても、いつも新鮮で元気になれます。

みなさん、本当に明るくて、楽しいです。

楽しい時間をありがとうございます。是非、またお会いしましょう!

このページの先頭へ